読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Oshi-Ire

心の押入れ。創作とか感想とか徒然なるままに。

長生きの話。

雑記

「死」ってなんですか?

人間の一生における、どの時点からが「死」ですか?

「生」と「死」の境目って何ですか?

 

有名な論議は、「脳死は「死」と捉えていいのか、「生」と捉えるべきなのか」。

 

私は「死」かなー。って中学生の頃からその答えは変わらないんだけど。

 

肉体の生存機能の消滅か、精神の消滅か。

 

友人は、「認知症になったら死だと思う」って言ってて、そう答えた人は初めてだったから少し驚いた。

 

つまり、自己の消滅。

 

 

脳死は結局、家族の同意さえあれば臓器提供ができるようになったんだっけ?

 

それでも、認知症になったからと言って、安楽死をさせれば殺人罪になる。

 

 

 

 

 

私の祖母は日に日に衰え、認知にもその影響はある。

 

母が祖母を介護する声を聞きながら、私は心もないことを思う。

 

 

「あんなふうになってまで生きたいとは思わない」

 

 

 

この考えはきっと若いのだろう。

もう20年もすれば、「あの頃は老いというものを何も分かっていなかった」と思うのだろう。

 

実際老いなんて知らない。

 

高校時代より徹夜がきつくなったな、筋力が衰えたな、あんな風にはしゃげなくなったな、ということはあるけれど、それは私の中ではまだまだ「冗談」の中に収めることができ、「老い」という鋭さをもって私を追い詰めたりはしない。

 

 

気は重くても、何かをすること、考えること、表現することに貪欲で、また、社会もそんな「個性」を私たちに求めてくる。

他人に流されたくない。

「自己」というものは私たちにとっては、もしかしたら心臓の動きよりも大切なものなのかもしれない。

 

 

それが段々となくなっていったら。

 

 

自己が無くなってもなお、肉体と魂をこの世にとどめ続けなければならないなら。

 

自分に関する何かはもうずっと空っぽで、ただ動き続ける体を誰かに世話される。

 

まるで大昔のロボットみたいだ。

 

 

これを「生」と捉えるのはやはり虚しすぎる。

 

 

こんな「長生き」って、長「生き」なんかじゃないや。

 

私たちの望むものはきっと、こんなのじゃないんだ。

 

 

 

 

幸せの話。(嘘です)

Twitterで、幸せってなんだと思うかと聞かれて、答えられずに放置するというクズっぷりを披露しました。

 

クズでカスなよきです。

 

 

 

 

ちなみに、ツイッタでも行ったけど、

 

美輪明宏さんの幸せ論

 

すぐなくなるんですよ。幸せって。幸せってイコール充足感なのよ。でもお風呂に入っていい湯加減でさ、疲れ果てて入ってて、「はあーいい湯だね幸せ」って思うでしょ?30分か1時間いてごさんなさいよ。のぼせちゃう。

 

これ、かなり心に刺さってる。名言だと思う。

 

まあ、きっと、色んな幸せ論ってあって、それに同感するかどうかはおいといて、大事なのは自分の中の幸せってこれだって掴むことなんだろなって。

 

 

 

で、ない頭振り絞ってた。

 

 

 

きっと、楽しいことは幸せだろうなって思って、じゃあ、楽しいことってなんだろうって考え始めたんだけど、

 

そういえば最近楽しいことってあんま無いなあって…………(白目)

 

 

 

いつからだろう、何でだろう……って記憶を漁ってたら、無意識に目を背けてたことに辿り着いた。

 

すごい、トラウマがあって。

 

高2の時から。

 

もう2度と味わいたくない様な絶望に今も膝を折ってて。

 

 

このことはもしかしたら記事にするかもだけど。

 

あの日の再来が怖いから、心は常に震えてて、面と向かうことが出来なくて、ずっと逃げてる。

 

そしたら傷つくことは無いけど、心からの喜びも無くて。

 

それ以前は、

悩むこともあったけど、嬉しいことは、細胞のひとつひとつが歓喜で震え上がるほど嬉しいことだってあった。

 

人より出来が悪くて、失敗重ねる中で、ひとつ、成功した、その音を聞いただけで、心のくもりも晴れた。

 

その音聞きたいがために失敗ばかりでも、もう1回、あと1回……って頑張れて、トータルで見れば、その失敗ごと自分の中では宝物のように存在してくれたり。

 

辛くて、1人泣きながら家に帰るような日々も、それが報われた瞬間は、友達と泣きながら抱き合って、その翌日は、その日のことが夢だったんじゃないかと思って、擦り切れるんじゃないかってぐらいその日のことを思い出してた。

 

 

 

あれが、私の思う幸せというやつで。

 

 

そういうことを思って。

 

 

あと、もうひとつ。

 

前々から幸せは相対評価だと認識してる。

誰かにとって幸せなことも、誰かにとっては別にそうでもないことって沢山あると思う。

 

例えば私は今刀剣乱舞やりながらこの文章書いてるけど、

鍛刀で鶴丸来ました。

 

でも!私は!鶴丸沢山もってるから!!3時間20分の文字を見て!「鶯丸ーーー!!」って内心思いながらクリックして!鶴丸で!!「あっ鶴丸」って呟きながら心の内では「くっそー」って思ってました!ごめんなさい!!

 

でもきっと鶴丸難民には羨ましいことなんだろうなあ。

 

…………何が言いたいかと言うと、幸せに絶対ってないんだろうなって。

 

 

幸福の青い鳥とか言うけど、青い鳥その辺にわんさか飛んでたら、ペットショップに並んで、「一家に1羽!」から「1人1羽!」ってどんどん普及して、ショップの値段も下がって、最終的には駆除したりし出して。

 

希少だから、欲しいけど持ってないって言う不幸があるから、それに幸せを見出すんだろうな。

 

幸せの背後には常に不幸せがいると思う。

 

 

 

……ベラベラ喋ったけど、

つまり私にとっての幸せって、不幸があることで成り立ってる気がする。

 

幸せ=不幸 説

 

 

不幸がなけりゃ幸せもない。

不幸ありきの幸福なんだって。

逆にそれを不幸と感じれるのは、それよりも普段のあなたが恵まれてるから。

 

不幸と感じれること自体がもう幸福なんだ!

 

だから最大級の不幸も、そのお陰で、何気ないことに幸せを感じられたりするから、ただただ悲しいっきりじゃないって。そう思えば、嫌なだけのものでもないのかなって。

 

そういう結論に至ったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ははっ

いっちょ前に語ったけど、特大ブーメラン…………

 

自分も変わっていかければならないと分かってはいるんだけどなあ………

 

こう書いて自分で自分を元気づけてる気がする。

 

 

 

 

とりあえずフォロワさん、これでいい?

 

 

 

 

 

 

 

哲学要素含んできた(白目)

創作(一次)

 

ただのファンタジーにしようとしたのに。

 

 

 

 

創作ネタです。

 

 

シュナ(オニ族)

 

ヒト族とオニ族が争ってたのは80~100年ぐらい前。

シュナが生まれた時には既にオニ族の対桃太郎戦が始まってた。

 

ヒト族の生き残りは全種族(主にオニ族)によって虐げられ隠れるように暮らすことになる。

 

 

イジメとかもそうだけど虐げる側ってこう、自分の行為の正当性みたいなの作るじゃん。プロパガンダみたいな。

 

オニ族にもあって、「ヒト族は桃太郎を作り出した野蛮な種族だ」的なのがはびこる。

 

シュナもそれを聞いて信じて生きていく。この時はまだヒトを見たことがない。

 

ある日種族の陣営をこっそり抜け出して「冒険だー」とかやってる時、ヒトの男の子に出会う。

 

シュナはその子から色々な話を聞く。陣営の外のこと、ヒト族から聞くヒトのこと、オニには思いつかないあれこれ……

 

シュナにとって男の子はなんでも知ってるすごい子で、親しみやすくて、オニ族で聞いたヒトや世界と違うことに驚く。

 

同時に「本当ってなんだろう」という気になる。

 

「オニは殺してはいけないけどヒトを殺してもいい。それは、ヒトは野蛮な種族だから、昔私達を制圧しようとしたから、だからヒトには抑制が必要で、生かすことは危険で……」

 

「でもそれはきっと嘘。オニ族が都合のいいように作った嘘。」

「ヒトが全て野蛮なわけじゃない。ならヒトを殺していい理由はない。」

 

「私たちの思う正義も悪も、きっと全部嘘なんだ。誰かが作った嘘の中で私たちは怒り、悲しみ、喜ぶ」

 

「私も、あいつも、どいつも、全部嘘で出来てるんだ」

 

そう思い始めた時、シュナと男の子が一緒にいるところをオニ族の面々にばれ、男の子は処刑され、シュナは族長から、ヒトがどんなに恐ろしい存在なのかを説かれる。

シュナ「ヒトいいやつ!」

族長「騙されてるんだ!ヒトは狡猾だから!」

 

シュナ的には族長の言葉も嘘で出来てて、男の子は嘘によって殺されたと考える。

 

男の子の死はシュナに「本当」を探すきっかけとなる。

 

かつてヒトが陣営をおいてた遺跡に出向いたり、オニ族が見下してる劣勢種と親しくしたり。

 

シュナは族長たちに腫れ物扱いされる一方、人柄とか色んな話知ってること強いことからシュナに惹かれるオニも少なくなかった。

 

19歳あたりで初めて桃太郎に出会う。

殺戮のために生まれたような姿、虫けらのように死んでいく仲間達に恐怖を覚える一方桃太郎を「地上に降りた神だ」と考えるようになる。

 

実はシュナ、色々「本当」を探しても、きっと「本当」なんて見つかないのでは、と薄々気づいてた。

 

様々なことを見聞きし、探って、考えても、あくまでそれは「自分の考え」であり、「自分」を通す以上それは真実のそものでは無い。(そもそも自分は嘘で成り立ってる)自分が「本当」を得るためには自分を脱却しなきゃいけない。世界に「本当」を取り戻すためには世界を脱却しなきゃいけない。つまりそれは、世界がある時点で「本当」なんてものは手に入らない。

 

あーこの辺うまく説明できねーなー。「牛肉と馬鈴薯」にこんなようなこと書いてあるんだけどなーー。読み直そ。

 

 

ま、そんな感じで、殺戮マシーン桃太郎に「嘘で固まった世界を正す神」を見出す。

 

 

そんで桃太郎についても調べ出す。

 

 

ヒト族陣営遺跡に赴いてる時に、廃墟と化したそこに隠れ住む男性に会う。なんとなく面影があの男の子に似てる。シュナ人生二人目のヒト。

 

結果的にシュナはオニ族から抜け出し、男性と共に暮らし、子供を設ける。ちなみにこの子供が主人公。

 

 

 

ってところまで思いつき。

 

 

シュナはその後失踪する予定。

 

シンゴジの牧元教授ぐらい好き生きてる。

 

 

物語のキーパーソンにしたいんだけど、これ、シュナ主人公にしても1本の小説に出来るな……

 

 

てかこれだと主人公と母の再会……!とかいうシーンもあるのかな……それはなんかな…………

 

なんかシュナは母ってより、1人の女でいて欲しいんだけど、それだと受け手がシュナ物語に感情移入してくれなさそう。

 

男性と共に暮らすまでと、暮らしてる時と、主人公を産む時と、感情の変異がありそうだからここを考えたら今後のストーリー展開も思いつくかな。

 

あとシュナと桃太郎の関わりも考えねば。ネバネバ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにシュナのキャラデも決まってます。文字情報には必要ないんだけどね。イメージがあると考えやすいのよ。

それはおいおい上げるかな。

 

 

 

 

好き曲

音楽 雑記


福岡時代だよね

 

 

いっつもすぐに消されちゃうんだけど。

さゆり(酸欠少女さユり)/ホタル

 

とくに円盤化されそうにないのにうpされるたび消される悲しさ。

 

 

 

このころのさユりちゃんは声に芯があって好きだなー。今も好きだけど。

 

HNの由来

お題 雑記

お題「ブログ名・ハンドル名の由来」

 

ブログ名はほんとそのまま、押入れ。

心に浮かぶよしなし事をそこはかとなく書きつくるブログ。つまり心のガラクタを押し込む押入れ。そんだけ。

 

HNはエピソードがありまして。

 

 

昔私イジメってほどイジメじゃないんだけど、世間に掃いて捨てるほどある対人トラブルに巻き込まれてまして。

 

首謀者っつーか私をいじめる人たちのボス的な奴がムカつくほど絵がうまいんだ。

 

で、中学の文化祭。学年全員の写生会の絵を貼り出して、先生に選ばれて展覧会に出展する絵は、絵のタイトルの横に印が付けられた。

付けられると嬉しいんだよね。全校中に「選ばれました!!」って知らしめられて誇らしいというか。

 

ボス的なあいつもやっぱり選ばれてた。(私も選ばれてたけど)

 

本当にムカつくことに心の底から「上手い!綺麗!」って思う絵だったから、私の横に立ってた友達に「すごいね。うまいね。」って言ったら

 

「えー?そう?」

 

って帰ってきた。すごい微妙な顔された。

 

本当にその子にとっては微妙な絵だったのかもしれないけど、特に独創性のある絵でもなく先生に選ばれたものだから、賛否はそんなに分かれるものでもないように思われた。

 

その時、もし、この子が、本当は上手いと思ってるのに、いい絵だと思ってるのに、作者が嫌いな子だからってことで、その絵を「いい」と言えないのだとしたら、こんなに悲しいことはないな、と思った。

 

 

どんな状態でも、好きなものは好き、よいものはよい、そう言いたい。

 

って心の中で思った。

 

 

だからHNは「よき」

 

 

ネットで出会う全てのよいものに「よい!」と言えたら、

 

 

「よき」かな。よきかな。

 

 

 

っていう意味がこもってます。

 

 

ちなみに私有名になりすぎて去年流行語大賞にもHNがノミネートされちまった(´>ω∂`)☆

みんな私のこと大好きだな(´>ω∂`)☆

 

 

 

 

 

 

 

 

物語のテーマ性?……ぼ、冒険活劇(白目)

創作(一次)

Twitterで垂れ流した厨二的一次創作ネタをこっちにまとめときます。

 

まとめるっていってもツイーヨをコピペしてるだけだけど。

 

自分で撒き散らしたうんこ拾ってる感じ、、、

 

 

ーーーーーーーーーーー

 

 

 

ーーーーーーーーーーー

 

 

考えながらツイーヨしてたからセルフ物語の成長が バレる。

 

桃太郎の設定とかエヴァ龍の歯医者の影響がすごい(白目)

 

種族はオニ族、ヒト族の他にもいて、例えばヌエ族とか。でもオニやヒトよりも繁栄してないから基本二大種族に従属してる感じかな。物語にもそこまで登場しなさそう。

 

 

 

登場人物とか何も決まってない(白目)

 

主人公は少し根性無しか大人しめがいい。あんまり積極的だと「桃太郎……父の敵……!ぶっとばす!!」とか言ってオニ族の協力とかなしに無双しそう。

まあそれでもいいけどジャンプっぽい。

 

やっぱり自分からはあんまり動かずに周囲からの働きかけで行動して欲しいな。

 主人公が消極的なら周辺人物には積極的な子が欲しい。

あとはむちゃくちゃ冷徹な人もいいな。

 

基本はこの三人にして、あとは族長とか、死んだ父親とかも考えていこう。

 

 

桃太郎についてもぐだぐだ考えてて、主人公たちがモビルスーツエヴァに乗らない限り、桃太郎に何らかの弱点がないと強すぎて無理ゲ―化する。

進撃の巨人でいう、うなじのような部分が欲しい。

 

で、考えた。

桃太郎のベースは人工知能を伴ったロボットだから電子頭脳部分が体のどこかにある。ここが弱点。

 f:id:Kuz-Yoki-Kas:20170226000351j:image

ロボットって言ったらアトムでしょ!!!! 

 

 

この場合、心臓を模してるのか胸にあるのよね。

胸かあ……まあ胸だよなあ……

胸って、腕で防御しやすいし、接近戦ではリスク高いんだよな……。

 

ということで飛び道具かリーチの長い刃物を考案する必要が出てくる……

 

背中の方がやりやすいかなと思った。でも元々戦闘用に作られた桃太郎が弱点を背中側に持ってくるはずがなかった。

 

ということで弱点は胸にある電子頭脳部分。

 

あんまりオニに銃器持たせたくないんだよなあ……

 

そもそもここまでの設定を私の文章力で書ききれんのかなあ……

 

 

  

 

前途多難。

 

 

ごめんなさい、

はてな初心者で色々迷惑おかけしているかも知れません。申し訳ないです。